PROFILE

PROFILE

YASUHARU NAKAMURA

株式会社88プロダクション
代表取締役社長 中村保晴

1967年愛知県生まれ。
大手フードビジネス企業にてHRDを学び、
会員制ビジネス企業にてマーケティング・プロデュースを学んだ後、
2011年に内閣府の起業支援対象者として、飲食店の総合プロデュース会社
「株式会社アスみらいプロジェクト」を設立。代表取締役に就任。

オリジナルHRDプログラム「Foodbisiness 店長大学」や
「ガイショクジン採用」などのヒットコンテンツをリリース。
飲食店プロデュース・飲食店コンサルティングサービスを経て、
2013年より業態開発ノウハウを駆使した「ブランディングコンテンツ」をリリース。
その後 東京・名古屋での起業塾ブランディング講師を担当し、
ブランディングデザイン、デザイナーズWEB、
動画CM戦略、広告宣伝戦略をメニューとしてリリース。

2014年より新事業としての通販戦略を実践し、大ヒットSHOPをプロデュース。
その2014年に 社名を 「株式会社88プロダクション」と変更し、
「ブランディング」を基軸に「店舗プロデュース」「通販事業プロデュース」
「起業家プロデュース」を事業として展開して、多くのヒット業態をリリースしている。

THE88PRODUCTIONS .inc  Official website : the88.nagoya/

GREETING

ようこそWEBSITEへ。

皆さま、こんにちは。
この度は当Websiteへアクセスいただきありがとうございます。
branding producerの中村保晴です。

日本は少子高齢化が進み、人口が減少傾向にあります。
また情報はというと、ネット社会への変革とスマートフォンの普及率急増による
超情報化社会への変換が行われています。

たった8年前に登場したスマートフォンは一気に世の中の「買い物」を変化させ、
「お店選び」を変化させ、「価値の訴求」を変化させてきました。

人々は毎日膨大な量の情報を、SNSやyoutube、websiteなどから得ていて
その膨大な量の情報の中から「直感的に」自分の好みや必要とするものを選択しています。

スマートフォンが登場する前は、ランダムに配布されるフリーマガジンやチラシを見ていた人たちも
今は「自分にとって必要な情報を選択する」ようになってきているのです。

それは人々の「行動の変化」を意味します。

行動が変化するということは、売る側にとって「マーケティングの手法そのものの変化」を意味します。
つまり「今までのやり方では通用しない」という事実が浮かび上がるのです。

しかし良いこともあります。
ひと昔前は「BRANDING」は大手企業の専売特許でした。
マスメディアや大手出版社を使って、新たな商品をブランディングして仕掛ける。
CMが流れればアッという間にその新商品は知れ渡り、近くのスーパーやコンビニで飛ぶように売れる。

同じような商品を持つ中小企業や小規模事業者はそんな費用を使えないから、格差が大きく生まれました。
それが資本主義時代のブランディングの姿です。

しかし現代は違います。
マスメディアの効力が衰え、YOUTUBEなどの動画配信サイトが拡大し、
そしてSNSやwebsiteを活用して、大手とも充分に戦える時代になってきました。
今こそ中小企業や小規模事業者も「ブランディング」に投資して、
戦略的にブランディングを推進していくタイミングなのです。

実際に私のところにはそういう中小企業・小規模事業者が多くやってきます。
「自分の商品の価値を伝えたい」「価値に見合った魅せ方をしたい」
「価格訴求ではなく価値で勝負したい」「信頼できる会社だと知ってもらいたい」

私の仕事は、そういう方々のスペシャリティーな部分を引き出して
戦略的に仕掛けていくことです。
そしてそのことこそが、私がこれからも研究し追究すべく重要なノウハウなのです。